« なにかとは何か? | トップページ | 再生のキーワード »

遠い夏の日

   今夏もソフトクリームを食することが出来た。

   

   世の中にこんなに旨いものがあったのか。

   誰もが1度位この思いに触れる経験を持つ。

   私はそれが「ソフトクリーム」であった。

   今からもう半世紀以上も前の話である。

   当時の子供にとって、冷菓といえば1本5円のアイスキャンディが 

   精々である。アイスクリームはもとより、ソフトクリームは特定の

   場所に行かないと売っていない、そんな時代であった。

   ある日、母と二人してデパートに行った折、母が「ソフトを食べようか」

   と言い、私を店のベンチに座らせた。

   そこで母と並んで初めてソフトクリームを食べた。

   「世の中にこんなに旨いものがあったのか」

   その思い、感触を今もなおしっかりと覚えている。

   そして今も、夏を迎えると、ある感慨をもってそれを食べる。

   今年も、平和で元気でソフトクリームを食べることが出来た。

   遠い夏の日と、母との思いをぼんやりと浮かべながら・・・。

   その母も来春三回忌である。

   

   

    

« なにかとは何か? | トップページ | 再生のキーワード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なにかとは何か? | トップページ | 再生のキーワード »