« 地位の重み | トップページ | 今年の映画 »

公孫樹の秋

     11270005

     私の知る限り、東京のイチョウ並木は、神宮外苑と

     昭和記念公園のイチョウである。

     毎年、可能な限り見頃の時期に訪れるようにしている。

     ああ今年もこの風景を・・・という単純な行事のようなものである。

     

     今年はある期間、迎賓館の前庭が開放とのことで、

     晩秋のある日、信濃町から四ツ谷界隈を散策することにした。

     確かエントランス正面に小磯良平の絵が飾ってある館内には

     入ることは出来なかったが、広々とした前庭に立つだけでも

     それなりの風景である。

     年間の稼働率は?なんて野暮なことを考えたりするのは

     ここ数日の「事業仕分け」に影響を受けた庶民の悪い癖か。

« 地位の重み | トップページ | 今年の映画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地位の重み | トップページ | 今年の映画 »