« 参議院の存在 | トップページ | 歴史の舞台 »

風情と人情

   「そうだ、京都、行こう。」ということで明日から京都に出かける。

   といっても主目的は法事を執り行うことではあるが・・・。

   およそふるさとにしろ、何処にしろ,旅はその土地土地特有の風景なり

   名品、名産に直接接することであるが、つまるところ、それらを通して

   その土地土地の風情、人情、そしてそれらが一体として醸し出す表情に

   触れることではないだろうか。

   見知らぬ土地で、見知らぬ人に道を尋ねて、一言教えてくれたその

   言葉、顔の表情が、ふんわりとした想いとして残ることがある。

   そんな些細な旅の途中の出来事が、その土地の連想として最初に

   出てくるイメージにすらなりえる。

   風情、人情、表情に触れるため、我々は旅にでるのかもしれない。

   そんなわけで、このブログも1週間ほど旅行中・・・。

   

   

   

« 参議院の存在 | トップページ | 歴史の舞台 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/33626508

この記事へのトラックバック一覧です: 風情と人情:

« 参議院の存在 | トップページ | 歴史の舞台 »