« 出会いと別れ | トップページ | 個々の事情 »

春の嵐

   新年度入りである。

   早々の春の嵐。これが邪気一掃の風となってほしいものである。

   テレビニュースでJALの入社式を取上げていた。

   部外者であっても、新入社員にエールを贈りたい気持ちになる。

    「先輩を批判するだけの人になるな。今はただ黙々と頑張れ」

   日銀短観では景況観持続ということらしい。

   過去に苦い経験がある。

   記録的な景気上昇局面と言われ続けながら、一般消費者にまで

   その恩恵が届かなかった体験が生々しい。

   新卒者の5人に1人が未就ということらしい。

   このような状況で手放しの楽観論はとり難い。

   先般、都心の某有名デパートに時間調整(?)で、立ち寄った。

   金曜日の夕方であったが、2~3のフロアーではほとんどお客の

   姿が見えない。特に紳士モノのフロアーでは店員の姿しかない。

   決して大袈裟ではなく、広いフロアーがガラーンとしているのも

   なんだか異様であった。

   そういえば、今の新社会人はどこで新しいスーツを買ったりする

   のであろうか。余計な詮索ではあるが・・・。

   景気もデータや机上での調査だけでは見えない部分がある。

   昔、『路地裏」の経済学というのがあった。

   今、『路地裏」が流行らなくなり、コンピューターの画面がそれに

   とって代わった。

   いつの時代にも『路地裏」はなにかを訴えているものであるが・・。

   政治家の仕事は金をばら蒔くような、保護者のような役割を

   演じることが本位ではなく、トンネルの先に小さな光を灯す事である。

   そのためには、5年先、10年先を見据えた先見性、洞察力が

   不可欠である。 と言った人がいる。

   数ヶ月先の戦挙しかみえない多くの議員に聞かせてやりたい。

   街のなかにも、賢人は居るものである。

   

   

   

« 出会いと別れ | トップページ | 個々の事情 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出会いと別れ | トップページ | 個々の事情 »