« フライングスタート | トップページ | 信を問われる »

ボーダーライン

   人生は『賭け」で満ち溢れている。

   少し荒っぽい議論になるが、サッカーなら許されて、何故野球なら

   駄目なのか?  サッカー籤と野球賭博の話である。

   

   サッカーや野球観戦は問題にされなくて、何故相撲なら駄目なのか?

   ある業界筋の人の観戦の話である。

   テレビに映ることが問題なら、野球だってバックネット裏正面の観客は

   常に小さいながらも画面に映っている。

   つくづくと、そのボーダーラインは悩ましい。

   力士はギャンブルに手を出すべきでないとコメントする人がいた。

   恐らくギャンブルを悪質なイメージで捉えておられるのであろう。

   競馬や競輪も立派(?)な公営『ギャンブル」である。

   白昼堂々その『ギャンブル」をテレビで中継している。

   野球賭博を是認しているのではない。

   力士だってギャンブルの1つや2つやってもいいのではないか。

   極端に走る言論こそ要注意。というだけである。

   これはいい、これは駄目の境界線は実はその中身、行為ではなく

   公(おおやけ)が認めているか、認めていないかだけの話。

   因みに公営ギャンブルの胴元(?)は次の通りである。

       競馬          農林水産省

       競艇          国土交通省

       競輪          経済産業省

       オートレース     経済産業省

       スポーツ振興籤   文部科学省

       宝くじ         総務省

    胴元の収入(税収)は相当と聞いている。

    要するにギャンブルについてのボーダーラインは、公が認めたものは 

    やってよろしい、認めていないものを陰でこそこそやるのはまかり

    ならんというだけの単純な話かもしれない。

    賭けの対象も公に決めてもらっていることを少し我慢すれば・・。

    因みにこの私は未だ馬券も買った経験がない門外漢、あしからず。

    

   

   

   

« フライングスタート | トップページ | 信を問われる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/35234338

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーライン:

« フライングスタート | トップページ | 信を問われる »