« 少数意見 | トップページ | 原発議論に思う »

深い言葉

   饒舌や装飾を重ねても、「ことば」がちからを増すわけではない。

   塚原 彩さん。小学生の頃に父親が事故で亡くなった。

    その頃に詠んだ句である。

        「  天国は もう秋ですか お父さん 」

   また別の小学6年の女の子の句

        「  あじさいの 庭まで 泣きにいきました 」

   知識や世の清濁を重ねても、 この感性は別物なのであろう。

« 少数意見 | トップページ | 原発議論に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/40937230

この記事へのトラックバック一覧です: 深い言葉:

« 少数意見 | トップページ | 原発議論に思う »