« 「よう解らん」話 | トップページ | 「標準語」の話 »

3G(スリージー)

   団塊世代の本格的なリタイアーが始まる時期に到来、とのことである。

   従来 この国の経済を引っ張ってきた人達の大量退場は、個々の場で、

   多々マイナス影響も避けられないであろうが、一面、比較的経済的に

   豊かな年代でもあり、消費活動の活発化、あるいは若者層の就業増、

   文化、学芸分野の活性化、等々に歯車がプラスに働いてくれれば、

   上昇気運のきっかけにもなりうる。

   すでにこれらの人々(消費市場)を対象にした、新ビジネスの兆しもある。

   一風変ったところでは、時間に余裕が出来た人々を対象に昼間から呑ませる

   一寸おしゃれで安価な居酒屋が 出始めているらしい。

      (昼間から赤ら顔は考えものだが・・)

   一頃、エコノミックアニマルとまで言われた日本人のことである、時代に

   即応して、アイデアを絞り出し、新しいビジネスを作り出す、そんな活力を

   復元することも必要ではないだろうか。

   政治は3流、当分期待できそうにない状態であり、せめて経済分野では

   往年の貪欲ともいえる「イノベーション」を思い興してほしいものである。

   ところで、最近 「 3G 」 という新語があるらしい。

  「G」というのは爺さんのG、 すなわち「3爺」である。

      ○ チャラ爺   何時までも若さを保ち、一寸おしゃれで

                 流行に敏感  洒落男(爺)

      ○ イク爺    イクメンの爺さん版、

                 昨今夫婦共稼ぎが普通になってきており

                 幼稚園の送り迎えをはじめ、孫の面倒は

                 爺さんが担当。

      ○ スタ爺    スタディの略、 時間に余裕が出来、老け込む

                歳でもないと、古事記や万葉集などテーマを

                決めて生涯学習に取り組む爺さん。 

   老け込む歳でもない・・・というのが共通認識か。

   さて自分はどのコースかと思い巡らすのも一興。

   団塊リタイアー組も、立派な「3G] 予備軍である。

   来る高齢者社会の規範(モデル)となるよう、従来の爺さんのイメージを

   がらりと変えて、新しい活動や行動のスタイルを開発して欲しいものと

   願っている。

   

                    

   

   

   

« 「よう解らん」話 | トップページ | 「標準語」の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/44072104

この記事へのトラックバック一覧です: 3G(スリージー):

« 「よう解らん」話 | トップページ | 「標準語」の話 »