« 復興について | トップページ | 或る歴史事件 »

ラストラン

   2012年3月16日

   青森ー大阪間 約1000キロを縦走する寝台特急 「日本海」の

   ラストランであった。

   多くの鉄道フアンが駆けつけ、切符も15秒で完売した由。

   この「日本海」に関連して、私にも遠い思い出がある。

   学生時代、初めての夏に北海道に行ったのが、この「日本海」では

   なかったか、と記憶している。(今の「日本海」の前身?)

   京都から、日本海沿いに、北陸、信越経由 青森に行き、青函連絡船で

   函館 という行路であった。

   北海道まで丸1日掛かり、当時の学生には当たり前の旅(たび)感覚である。

   しかも、「日本海」の特急列車化(寝台)は、1986年なので、その前の

   急行列車の時代。 また青函トンネルも1988年だから、当然青函連絡船で

   という次第である。

   確か、夜の8時頃に当時の「日本海」に乗り、車中泊、翌日の午後に

   やっと青森着。それから船に乗り、ようやく函館でその日の夕食に

   間に合うという行程である。

   今の学生(旅行)には、考えられない話である。 といっても

   誤解なきよう、 ほんのこの前! 昭和の時代の話である。

   (因みに当時の国鉄学割は5割引、古き良き時代であった)

   昭和の勇士たちが、1つ1つ ラストランを迎え、次々消えていく。

   これもまた時代の流れである。

   奇しくも、今年航空業界も、低料金飛行がスタートし、

   新しい局面を迎えようとしている。

   時代の様相は様々変わっていっても・・、 それだからこそ

   大切なものは、そっと思い出の小箱に仕舞っておきたい。

   時代を生きてきた者の特権である。

   

« 復興について | トップページ | 或る歴史事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/44525235

この記事へのトラックバック一覧です: ラストラン:

« 復興について | トップページ | 或る歴史事件 »