« ツバメの飛来 | トップページ | 「ネット社会」雑感 »

津波の性格

   「遡上高」という言葉を初めて知った。

   説明によると、津波は横向きの波力があるため、陸地をよじ登っていく。

   海水が駆け上がった最高地点を「遡上高」ということのようである。

   地形にもよるが、通常、遡上高は、海岸での津波の高さの2~4倍にもなり、

   たとえば、5メートルの津波でも、地上10メートル位まで駆け上がり、潮位が

   高い時なら、20メートルにも達することがあるという。

   言われてみれば、なるほど想像は出来る。

   ところが、人間、「5メートルの津波」と言われると、そのまま「5メートルの津波」を

   頭の中にイメージしてしまうところがある。

   このことが、悲劇をもたらすことにもなる。

   実際、東日本大震災で、地震直後の第一報(津波情報)では、福島県3メートル、

   宮城県6メートルと発表された。(この数値自体間違いではなかったのであろう)

   その高さなら大丈夫と判断し、避難を止め、自宅に留まった多くの人たちが、

   実際は10メートル以上にも達する津波によって犠牲になった。

   遡上高・・・ 言われてみれば、誰もが理解し、納得できるであろうことが

   いざ、その時には、最初の情報(5メートル)の先入観でイメージしてしまう

   のも人間としてありがちなことである。

   津波は陸地を駆け上がる、ということの徹底、と 津波情報のあり方、等

   この悲劇の教訓を生かす工夫が望まれる。

   

« ツバメの飛来 | トップページ | 「ネット社会」雑感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/44976569

この記事へのトラックバック一覧です: 津波の性格:

« ツバメの飛来 | トップページ | 「ネット社会」雑感 »