« 平成の武蔵 | トップページ | フーバー監督作品 »

極端に流れる空気

   嫌な予感が当たってしまった。

   今回の柔道連盟監督の辞任会見を見ての感想であった。

   なんだか漠とした違和感を覚えたのである。

   15名の選手達の勇気ある行動との対比において、監督1人の辞任で、

   決着するような問題なのか、という疑問でもあった。

   監督本人も、なんだか謝罪会見ではあるが、「1人」被告席に引っ張りだされた

   ような雰囲気をもっていたようにも思えたのである。

   およそ「暴力」は、如何なる場合においても 「絶対悪」である。

   容認される「暴力」はありえない。

   特にスポーツの世界においては、絶対的なものである。

   ただ、あらゆるスポーツの場において、「指導」の名のもとに 「暴力」が

   跋扈していたことも、疑うことの出来ない事実のようである。

   今回、様々な団体、組織の暴力実態が、露見してきていることからも

   明らかである。

   これを機に、スポーツのあり方そのものを見直すことが必要、とする気運が

   高まり、またそういう時期に来ていたという事でもあったのであろう。

   その流れ自体、賛意だが、その際1つ思うところを付記しておきたい。

   まず、今回の一連の騒動を、「体罰」という名で内包し、全ての

   体罰は「暴力」であり、したがってすべての体罰は否定すべき、という

   極端な流れになってきていることについてである。

   別に「体罰」を容認、肯定するわけではない。

   が、 一体体罰とは何なのか、 体罰はすべて暴力か 念のため再確認

   しておくことも無駄ではないように思うのである。

   1つの例として、たとえば 幼児教育(躾)において、時には「体罰」も

   必要という説がある。

   但し 頭や顔は論外、 叩くのはお尻だけ・・ というわけである。

   これも「躾」と「児童虐待」の境界がよく論争にまでなるところである。

   「指導」と「体罰」も同様、結構複雑にして、困難なテーマではある。

   要は、軽々に取り扱えるようなものではないシロモノであるという事である。

   ところが、今 

   全ての「体罰」は =暴力 の空気一色に 簡単になってしまった。

   そのことに少し戸惑いを感じるのである。

   そのことと「体罰」を肯定するというのとは別問題であるが・・。

   

   また、世の中の変わり身の早さにも少々違和感を覚える。

   メダル至上の風潮のなかで、メダリストだけを追い求めたマスコミ

   (我々自身も含めて)が、 一転 嘉納治五郎を持ち出し 「講道館柔道」

   との対比において昨今の柔道界の批判する。(この極端な論調!)

   柔道連盟も、監督の辞任によって収束・・という姿勢が見え隠れ・・・。

   こうした一連の流れは、この際、手っ取り速く、全ての「体罰」は悪(暴力)

   という空気に至り、そのモノサシを振りかざし、現場を厳しく「取り締まる」

   ことが、抜本改革の中身・・・となっていく。

   果してこれで一安心、一件落着なのか・・という戸惑いである。

   極端に流れる空気に対する違和感と それに伴い

   真に優秀で真摯、こころある指導者まで駆逐することがあってはならない。

   そのことが少し気になるのである。

   

   

   

« 平成の武蔵 | トップページ | フーバー監督作品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/49193646

この記事へのトラックバック一覧です: 極端に流れる空気:

« 平成の武蔵 | トップページ | フーバー監督作品 »