« 政界いろはかるた | トップページ | 猛暑に呼応する話 »

靖国の庭

     2013・8・15

        首相は、靖国神社参拝を見送り、私費で玉串料奉納ということで

        決着した由。

        戦後の「ぼたんの掛け違い」からか、「靖国問題」は、国内外で

        益々こじれが深まり、批判の対象となってしまった。

        本来なら、日本人の魂に根付いた精神性ゆたかなものだった筈

        なのに・・・・。

        首相・周辺としては 熟慮の末の落とし処といったところであろう。

        「長期政権」を見据えての、今年はとりあえずの様子見、ではないか

        というのが私なりの感想。

        さて、微妙にして、こ難しい問題は、各方面の論客達に任せるとして、

        市井の民としては、同じ「靖国神社」ではあるが、しばし喧騒から離れ、

        神社の裏手にひっそりと佇む 池庭に身を置き、今年もまた迎えた

        8・15日の想い、自分なりの感慨に浸ることに留めたい。

   Dsc00067

Dsc00066

Dsc00068

        

« 政界いろはかるた | トップページ | 猛暑に呼応する話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/52890422

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国の庭:

« 政界いろはかるた | トップページ | 猛暑に呼応する話 »