« 公的年金の実情 | トップページ | 穏やかな坂道 »

ひたむきに走れ

        立ち上がってくれ  手負いの獅子

          そして  ひたむきに走れ

 

        嵐舞うこの荒野には

          お前は あまりにも優しい

 

        立ち上がってくれ  手負いの獅子よ

          そして ひたむきに走れ

 

        倒れても  倒れても

          立ち上がって  ひたむきに走れ

        力尽きるまで  ひたむきに走れ

          この嵐舞う荒野の果てまで

        どうか 立ち上がってくれ

                 手負いの獅子よ

            そして ひたむきに走れ

            疾走の歓喜を 全身に受け止めてみろ

            走り疲れて  力尽きる時がきても

            いいじゃないか

            それが お前の人生だ。

        この嵐舞う荒野に ただ埋もれるよりも

            立ち上がれ

            そして 力尽きるまで

            ひたむきに走れ  手負いの獅子よ。

                         我が祖国の若い君へ

                         そして・・自らの魂にも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 公的年金の実情 | トップページ | 穏やかな坂道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/56483725

この記事へのトラックバック一覧です: ひたむきに走れ:

« 公的年金の実情 | トップページ | 穏やかな坂道 »