« 暗黙の信頼 | トップページ | 大切なモノ »

連想ゲーム

   「カジノ」の次は「ロト」の話でも如何。

   と言っても、ほんの幕間話である。

   「ロト」は、「数字選択式宝くじ」と言うらしい。

   まだ、買ったことはない。

   したがって、その内容について精通している

   わけでもない。  

   実は、「ロト」と言っても宝くじの方ではないのである。

   と、言えば・・・・。

   ユダヤの歴史に明るい人(小生はじめ大概の日本人は

   苦手な分野だが) は、もしかして・・・と連想されるだろう。

   そう、アブラハム(ユダヤ人の祖)の甥、「ロト」である。

   「ロト」は、「ソドムとゴモラ」に登場する人物なので、

   あるいは日本人にも馴染みかも知れない。 

   さて、ここで旧約聖書の講釈をするわけではない。

   (元々出来ない!)

   ロトに纏わるほんの1つのエピソードを取り上げるだけで 

   ある。

   アブラハムが、神の啓示(私の命じる土地に行け)により

   一族でウルの町から長い放浪の旅が始まる。

   カナンの地で、長年連れ添ったロト(一族)と別れる。

   一族全体が共に暮らせるだけの肥沃な土地でなかった

   ため、一族の間で争いが起こったためである。

   その時の別れを、「創世記」では次のように記している。   

     アブラハムの言葉として

      「わたしたちは親類どうしだ。

       ふたりの間はもちろん、お互いの羊飼いの

       間でも、争いはやめよう。

       お前(ロト)の前にはいくらでも土地があるのだから

       ここで別れよう。

       お前が右に行くのなら  私は左に行こう

       お前が左に行くのなら  私は右に行こう

         (ロトよ 好きな方を 選べ)        」

    なんだか 無理やりこじつけたような・・・

    「ロト」の話である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 暗黙の信頼 | トップページ | 大切なモノ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/57218023

この記事へのトラックバック一覧です: 連想ゲーム:

« 暗黙の信頼 | トップページ | 大切なモノ »