« ご隠居にも解る年金問題 | トップページ | 予測の参考 »

銃社会

   (以下の数値は、ある新聞記事からの引用)

   米国の今年6月までのデータによると、

     職務中に殉死した警察官は   60人以上

      この実態が、「過敏な反応」に結び付く為か、

     警察官に殺害された民間人

         白人         238人

         黒人         123人

         ヒスパニック系    79人

         不明・その他     69人

         計           509人

 

   昨今問題視されている黒人への発砲が必ずしも際立って

   いるわけではないが、それにしても・・・、

   警察官が月平均10人が殉死という実態!

   その警察官に殺害・・が500人という実態!

   警察官が発砲・・ということには、夫々理由、背景が

   あるのだろうが・・・それにしても である。

   「銃社会」の実態は、想像以上の様相にある。

   本来市民の生命を守る警察官から銃を向けられるような

   世の中だけは勘弁願いたいものである。

 

 

 

« ご隠居にも解る年金問題 | トップページ | 予測の参考 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/66546460

この記事へのトラックバック一覧です: 銃社会:

« ご隠居にも解る年金問題 | トップページ | 予測の参考 »