« 道具の変遷 | トップページ | 静寂の寺 »

年寄の冷や言

    まあ分相応に楽しく過ごしていますが、

    なんだか、今の世の中、段々とつまらない方向に

    進んでいるように思えて仕方ありません。

    ご同輩もそう思いませんか?

    いやなに、決して厭世的な気分で言っているのでは

    ありません。

    いたって冷静に世の中を眺めているつもりです。

    偉そうに言うわけではありませんが、

    とんでもない事をやらかす輩や事件が多発しているわりに、

    なんだか、どの分野の人間も「小粒」になったように

    思えて仕方ありません。

    特に「政界(国会議員・地方議員)」のレベルは、如何な

    ものでしょうか。

    政治の世界に有能な人が集まらない・・・

    というのは偏見でしょうか。

    昨今、なんだか政界を目指す人達の中で、

    一部その心根が、芸能界を目指す人達と、

    根っこの発想が同類のように見えて仕方ありません。

    偶々時流に乗って当選したが、あたかも「一発芸」で

    終わる・・・誰とは言いませんが、何故この人が

    国会議員?という人もいるではありませんか。

    勿論、どの分野においても、

    目立たないところで、黙々と精進している多くの

    人達を知っています。

    そういう人達や分野に、積極的にスポットを当てる

    気運が高まれば、少しは変わってくるのでしょうが、

    メディア等の眼力が落ちているように感じます。

    全般に、どの分野も目先の利得に追われて

    「育てる」という余裕を失くしています。

    時代を写す鏡、テレビをみていればよく分ります。

       - - -

    時代の流れに対し、肝心の人間が立ち遅れ、

    成長が止まって、小さく固まってしまったように

    感じるのです。

    やれ ITだ AIだと、科学、先端技術は、脅威的な

    伸展を見せています。

    それに比し、人のこころが追い付けず、「せこい」

    ところで留まっているようです。

    自分のことで精一杯、経済感覚だけが先行し、

    単純なモノサシだけで、勝ち組、負け組と騒ぎ廻って

    いる・・・ように見えてくるのです。

    いやなに、

    このご隠居も含めてという事にしておきますが・・・。

      - - -

     日本も、明治維新の時のように、原点に

     戻って、という気構えが必要かもしれない。

     その第一歩は「教育」の在り方かも。

       クラーク博士

         「 若者よ  大志を  抱け 」

 

« 道具の変遷 | トップページ | 静寂の寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/67930290

この記事へのトラックバック一覧です: 年寄の冷や言:

« 道具の変遷 | トップページ | 静寂の寺 »