« 論理矛盾 | トップページ | 三猿 »

野球選手の年俸

  ある新聞に大リーグの高額年俸について書かれた記事が

  あり、興味をもって読んだ。

  現在大リーガーの最高年俸は約33億円とのことである。

  (決して生涯年俸の間違いでなく、1年間の年俸である)

  この33億円をどう受け止め、どう考えるかは人それぞれで

  あり、第三者がアレコレ言うことでもないが、私も以前より

  違和感を持っていたことは確かである。

  決して野球選手の「仕事」を軽く見ているわけでもなく、

  大リーグで活躍している人たちは、それこそ60億の地球人の

  なかでも、極く限られた技能・才能を有した人達である、と

  理解しているつもりである。

  だが、しかし・・・という意味での違和感である。

  また、野球選手も生身の人間である。高額の年俸を得て

  いても、時には不振の結果でシーズンを終わることもある。

  実際、10勝そこそこで、30億近い年俸の投手もいるらしい。

  日本野球界でも、昨今いつの間にか、中堅クラスでも

  億単位の年俸をもらう時代になってきている。

  ひとりの選手に対して、30億払ってもペイすると考える

  球団経営者がいるわけだから、そのような時代・世界と

  割り切る見方もあるが、上記の新聞記事では、それらを

  踏まえた上で、大リーグ(日本においても)も、社会

  (フアンや地域社会)に還元を考える時期にきているのでは

  ないかと、提言している。

  全く賛成である。

  競争原理が強く働く世界だけに、1球団で実施することは

  難しいが、たとえば、1選手に対する年俸を10億程度に

  抑えて、残りの20億を球界として、社会的な事業や

  支援に還元するようになれば素晴らしいと思う・・・。

  新聞を読んでの感想である。

    - - -

  余計な事ながら野球つながりで一言。

  球史に名を残すであろう、現在も大リーグで活躍中の

  I選手についてである。

  野球選手として、完璧ともいえる魅力的な選手であり、

  現在も頑張り続けている姿に敬意を表するものである。

  それを踏まえた上での話だが、たとえば昨年1年間

  (昨シーズン)少なくとも彼のプレーをテレビで見たことは

  ほとんどない。

  常に見かけるのは、テレビ(地上波)コマーシャルでの

  彼である。

  国内では、すでにコマーシャルタレントとしての彼しか

  見掛けないのはなんとも惜しいというか寂しい気がする。

  勿論スポンサーからみると価値ある「タレント」なので

  あろうが、正直に言うと、彼の 今や手慣れた「こ芝居」

  なんか見たくない。

  やはり彼のスピード感溢れる野球選手としてのプレーを

  見たいのである(BSで・・とかいう問題ではなく)

  テレビに映る彼を見る度そう感じるのである。

  これもまた第三者がアレコレ言うことでもないが、

  私なりの率直な感想である。 あしからず。

 

 

« 論理矛盾 | トップページ | 三猿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/70226382

この記事へのトラックバック一覧です: 野球選手の年俸:

« 論理矛盾 | トップページ | 三猿 »