« 紫陽花の季節 | トップページ | 巨人方式は不滅か »

権力小考

   人それぞれ、様々な見方や考え方があっていいわけだが、

   直近の或る週刊誌の見出し、「日本の政治はなぜこんな

   ことになってしまったのか」に、感覚的に同調の思いの人は

   案外多いのではないだろうか。

   その背景は、政策云々以前の問題で、たとえば政治手法、

   国会質疑対応、処理の不味さ、強引さ、言葉足らず、軽さ

   等々、要するに「節度」に起因しているところが大きいように

   思われる。

   今朝のニュースでも、官房長官の談話で、「加計問題は

   たまたま総理の友人で・・・」という表現がなされていた。

   たまたま総理の友人だっただけのこと・・・の説明で「了解」

   となるのだろうか。 

   諸々の意味でなんだか、米国トランプ政権が発進する

   空気と類似するところがあるのがなんとも微妙な話。

     - - -

   「なぜこんなことに・・・」については、左程深刻に捉えて

   いるわけではないが、その原因について、少し考えて

   みると、やや本流から離れるが、2つの遠因が浮かんだ。

   1つが、「小選挙区比例代表並立制」 の導入。もう1つは

   「中途半端な行政改革」である。

   小選挙区制については、勿論利点もあるが、この導入に

   よって、なんだか国会議員が「小粒」になったというか、

   いわゆるサラリーマン化したように思えて仕方ない。

   政党(政権)安定化には働くが、個々の議員にとっては

   不安定化が進み、その分、各議員にどっしりと政策に

   取り組むという余裕が希薄化しているのではないかと

   思えるのである。

   選挙(就職活動)を必死に戦い、当選によって得られた

   就職(議席)をなんとか死守することに汲々。

   長期的視点よりも目先の立場安定が優先で、なんだか

   議員までが、上をみて仕事をする役人かサラリーマンに

   見えてくるのである。

   本来6年間解散もなく、長期的視野で国家の課題に

   取り組むべき参院議員も同様である。

   一方、行政改革については、

   以前、省を統合し、省の数を減らしてスリム化を図り、

   一見行政改革を推進したかに見えたが、左程職員数が

   減少したわけでもなく、無理に「厚生」と「労働」を一緒に

   して「厚生労働省」としたりして、結局昨今は担当大臣を

   増やすことによってかえって組織・機構が複雑になり、

   その結果大臣も省を掌握しきれず、仕方なく官僚任せと

   いうのが散見するようになり、大臣そのもののステータスを

   低める結果となっている。

   これら諸々の事柄から、より権力の一極集中が高まり、

   それが 「なぜこんなことに・・・」に少なからず繋がって

   いるのではないか、というのが私なりの感想である。

   昔、当時のある総理が、オフレコの場で、側近から

   少しやり方が強引過ぎるのではと言われた際、

   その総理は、なかば冗談っぽく「君ィ! それが

   権力というものだよ」 と返した由。

   どこかで読んだことを思い出した。昔の話である。

 

 

 

« 紫陽花の季節 | トップページ | 巨人方式は不滅か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/70828934

この記事へのトラックバック一覧です: 権力小考:

« 紫陽花の季節 | トップページ | 巨人方式は不滅か »