« 今日のひと言 | トップページ | ある感慨 »

図書館の効用

   図書館の効用?

   今更何?・・ と思われるのがオチだが、

   最近改めて感じたことを あえて記す。

     - - -

   私も時折図書館に行くことがある。

   そこでまず私が目を通すのが新聞。

   全国紙を4~5紙 適当に流し読みする。

     (深い意味はないが、図書館でスポーツ新聞は

      読まない主義)

   通常、一般家庭では、新聞を採っていても精々1紙が

   普通である。

   昨今、スマホ等で間に合うためか、その1紙の購読を

   止める家庭が増えていると聞く。

   確かに、私も大概の情報、ニュースは、テレビやネットで

   間に合うと言えばいえるのであるが、根が活字(印刷物)

   人間、長年の惰性もあって、某新聞を購読中。

     - - -

   さて、本題だが、図書館で、新聞を数紙読んでいて、

   改めて感じるのが、各新聞の記事の取り上げ基準、

   論調、スタンス、方向性等の違いである。

   当然といえば当然のことであり、巷間すでに常に

   言われていることでもあり、別段新たな発見でもない事は

   承知しているが、自らそれを「体感」「納得」させてくれるのが

   図書館での「新聞各紙流し読み」なのである。

   さらに付言すると、昨今の世情不安、政治混迷の時代、

   特定の1紙だけを読んでいたのでは、そもそもの情報や

   捉え方に意図せざる偏りが進むのではないかと危惧

   するのである。

   悪くいえば、ある種の「洗脳」の危惧といったら、言い過ぎ

   だろうか。

   勿論、どの新聞も意図的に間違った記事や事実をわざと

   歪めて流しているわけではない。

   ただ、長年同じ新聞だけを読み続け、そこから得た情報を

   ベースに自己の論理形成をしているのは・・・如何なものか

   と思うのである。

   様々な立場、角度からの情報や論説を読み合わせてこそ

   バランスに優れた大局的な考え方が構築されるのでは

   と思うのだが、如何なものだろうか。

   そういう意味からも図書館での「新聞各紙読み流し」

   お勧めである。

     - - -

   幸いにも、我が家から歩いて・・の処に、

   東京都立多摩図書館が今年新設オープン。

    (流石、 文化と歴史の街、我が国分寺! と地元PR)

   先日も出掛け,何時もの通り 「新聞各紙流し読み」

   ついでに読んだのが、偶然?にも

   村上春樹 「図書館奇譚」(短編)。 

 

 

« 今日のひと言 | トップページ | ある感慨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/71990421

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館の効用:

« 今日のひと言 | トップページ | ある感慨 »