« 事の重大さ | トップページ | 「幸福」のフアンタジー »

光陰早や(は矢)

   今年も早や折り返しの6月。

   と、 毎年この頃になると 同じセリフが頭を過る。

   歳の所為・・と 感嘆するのも いつもの事である。

   それにつけても 月日の過ぎ行くこの速さに驚くばかりなり。

     - - -

   さて、歳とともに、この過ぎ行く月日の速く感じるのは

   何故なのか。

   世に諸説あるようだが、 私が最も感覚的にしっくりくるのは

   たとえば・・・

     同じ1キロの道程を歩く場合も、初めての道は

     なんだか、遠く 時間も掛かるように感じるものだが

     毎日のように歩き慣れている道だと、同じ1キロでも

     近く、時間的にも早く着くように感じるものである。

     人生も然り  ・・・ というわけである。

   錯覚も含め、歳を重ねることによって、いわゆる「未知」

   の出来事が少なくなり、なんとなくアレもコレも知っている、

   経験していると、無意識的に軽く流していることが多くなる。

   で、時間(月日)が速く過ぎていく(ように感じる)というわけで

   ある。

   人生のベテランの証左として、自信を持っていいわけだが、

   今少し 若者時代の感覚を取り戻したいという御仁には、

   先人の次のような教えがある。

    「歳を経ても 常に新しい事にチャレンジする精神を持て」

   言葉として得ても、身体が受け付けない・・・で、

   現状 人生のベテラン振りを発揮しているという次第。

   さて、ご同輩は 如何でございますか。

 

« 事の重大さ | トップページ | 「幸福」のフアンタジー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/73686192

この記事へのトラックバック一覧です: 光陰早や(は矢):

« 事の重大さ | トップページ | 「幸福」のフアンタジー »