« 光陰早や(は矢) | トップページ | 至福の時間 »

「幸福」のフアンタジー

      {貴方は 「幸福」 ですか?}

      と、問われたら 貴方なら どう答えますか。

       多くの 日本人は 「まあまあ」 と 答えるらしい。

      「幸福」 の感覚には、国民性や風土が色濃く反映する

      ようですね。

      そもそも 「幸福」に絶対的な指標なんてありません。

      「幸福」は 人 夫々の感受性。

      「まあまあ」と答えられる日本人、総じてまあまあ幸福な

      国民なのかもしれませんね。

         - - -

      人は皆、意識をしていないのだが、「幸福行きの列車」に

      乗っています。

      でもこの列車は 永遠に 「幸福」には着きません。

      それでも 一生懸命 「幸福」目指して走り続けます。

      永遠に幸福には辿り付かない・・・列車に乗り続けて

      多くの人達は一生を終えます。

      中に、目端の利く人達が、そんな列車に見切りを付けて、

      途中下車します。

      どちらが「幸福」なのか・・・誰にも解りません。

      そもそも 「幸福」って どういうものなのでしょうね。

        - - -

      「3月20日」 我が国ではあまりマスコミも大々的に

      取り上げていませんがこの日は 「国連世界幸福の日」

      なんだそうです。

      毎年、「世界幸福度ランキング」(米国コロンビア大学が

      国連より委託され調査)が発表されます。

      いわゆるアンケート調査によるものであり、

      その指標は次のようなものです。

        1人当たり GDP

        社会的支援(困った時に頼りになる親戚や友人がいるか)

        健康寿命

        人生選択の自由度

        寛容性 (チャリティなどへの寄付有無)

        社会の腐敗度

      2018年の結果によると、日本は54位(150余国中)。

      これをどう見るかは、面白い処です。

      因みに主要順位は次の通り。

            1 位    フィンランド

            2      ノルウェー

            3      デンマーク

            4      アイスランド

            5      スイス

            18     アメリカ

            54     日本

            57     韓国

            59     ロシア

            86     中国

      一応、興味深いデータだが、例えば日本の場合も

      アンケートに対して「まあまあ」のお国柄、あまり

      一喜一憂することもないと思うのですが、如何な

      ものでしょうか。

         - - -

      さて、結局の処、 「幸福」とは?

      いい加減な人間が、いい加減なことは言えません。

      ここは、先人のお言葉をお借りして一応の

      「中締め」とさせて頂きます。

          「 苦楽は こころの 持ちようなり

            日々 わが身の幸福に感謝して生きよ」 

 

 

 

 

 

 

« 光陰早や(は矢) | トップページ | 至福の時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/73762461

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸福」のフアンタジー:

« 光陰早や(は矢) | トップページ | 至福の時間 »