« 禅僧・仙厓の生涯 | トップページ | 節目の年 »

築地市場の終焉

    特段関係があるわけではない。文字通りの部外者。

    ほんの時折、呑み仲間と場外で刺身をツマミに酒を

    飲んだことがある・・・という程度の関連である。

    が、 この築地市場が83年の幕を閉じるということに

    接すると、なんだか感慨も深い。

    これも時代(歴史)の流れなのだろう。

    H30年10月6日 閉鎖 同11日 豊洲市場開設との由である。

    偶々、閉鎖から一夜明けた7日、あるグループで臨海

    防災施設を見学する予定があり、食事は築地市場(場外)で

    ということであった。

    3連休のなか日ということもあってか、場内では引っ越しで

    大変だろうが、場外はいつも以上の混雑振り。

    ある寿司店の親父さんは、これからも我々の努力次第、と

    元気一杯。

    市場は豊洲に移っても、「築地」という伝統は容易には

    消えないとみた。また各々の店も頑張って築地の伝統を

    守ってほしいものである。

 

 

« 禅僧・仙厓の生涯 | トップページ | 節目の年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211385/74360731

この記事へのトラックバック一覧です: 築地市場の終焉:

« 禅僧・仙厓の生涯 | トップページ | 節目の年 »